令和4年度 第1回研究授業 一次案内

🏤学校教育目標である「新しい時代に相応しい『創意と活力に満ちた社会で活躍できる生徒』の育成」を柱に、大阪府教育委員会が指定する「学力向上推進」モデル校として、昨年度に引き続き、令和4年6月1日(水)に第1回研究公開授業を開催します✨

令和4年度の本校の研究のテーマは✨

自ら学びを考え、自ら行動する、自律的・実践的な学習能力の育成

~ICTツールを活用した最適な学びの選択を通して~

 

本校のめざす生徒像の実現に向け、令和4年度も邁進していきます😄‼

↓↓画像の詳細は下をクリック↓↓

令和4年度ICTを活用した研究授業の案内

『探究的な学習』スタート!5月6日(金)

5月6日(金)の総合の時間を使って、『探究的な学習』のオリエンテーションが行われました。

 

『探究』とは、どのような事を示すのか❓

『探究的な学習』は何故必要なのか❓

 

講義形式ではなく、生徒に考えさせる時間を与えたり、その場で発表させたりと工夫を凝らしたオリエンテーションでした。

 

『探究的な学習』の時間では、

生徒達は、自らが興味を持っている各分野に分かれて活動します。

また、教員は自らの教科に関連した専門性を活かした指導をすべく、それぞれの専門性と共通した分野の生徒を担当します。

そして、クラスの枠組みを取り払った、大学のゼミ🧪の様な形式で取り組む予定です。

生徒自身が興味関心を持つ分野を深く研究し、教科担当制である中学校教育の強みと教員それぞれの独自性と専門性を活かした取組となります✨

 

オリエンテーションで紹介された、歴史的に有名な物理学者であるアルベルト・アインシュタインはこのような名言を残しています。

 

It’s not that I’m so smart,

it’s just that I stay with problems longer.

私は、それほど賢くはありません。

ただ、人より長く一つのことと付き合ってきただけなのです。

 

担当教員のアドバイスのもと、自ら問題を見出し課題を設定するスキルを身につけていきましょう‼

そして、今まで学習してきたすべての知識と経験をフル活用して、設定した課題を解決する『探究』のスキルを身につけていきましょう💪

 

生徒達が近い将来直面する、誰もが経験したことのない未知の問題に対して向き合い解決することができる人材となるよう、しっかり取り組んでくれることでしょう✨

 

探究とは…と、生徒に問う場面

探究のプロセスの説明

【研究公開授業】
ICT (1人1台タブレット端末) 授業
"ただ使う" から "効果的な活用へ"

本校では、11月9日(火)大阪府教育委員会が指定する「学力向上推進」モデル校として、研究公開授業を開催します。

新しい時代の要請に、堂々と応える授業の確立、そして未来を担う 生徒に対して生きてはたらく学力を形成していきます!

"できないと思わない姿勢 ⇔ できる方法を探究する姿勢"      生徒も教員も、意志同じくして進みます、前へ‼

 

↓↓下をクリック↓↓

ICT機器を活用した効果的な評価法の研究(11月)